創立25周年記念旅行体験記「シチリア旅行記」

シチリア島へ行かれたS.Yさんからのご投稿です。シチリア島旅行を計画されている方はぜひご覧下さい。

☆今おすすめのイタリアツアーを検索☆


母とマルタ旅行に行った際、近くのシチリアに足を伸ばしてみようということになり、弾丸でシチリアに行きました。

マルタからシチリアは船で行くことができます。船は往復で8時間くらい。正直船酔いする人はおすすめできる旅ではありません。私自身も割と船酔いはしてしまう方なので、瀕死の状態でシチリアに到着しました。

10月のマルタはまだまだ暖かく、夏の終わりを満喫することができましたが、シチリアはすでに冬に差し掛かっていました。慌てて持ってきていたダウンコートを羽織ります。


最初に向かったのはエトナ山。日本ではあまり有名ではありませんが、ヨーロッパの中では最大級の山で、世界遺産にも指定されています。バスでエトナ山の中腹まで上り、そこからしばらく散策しました。とにかく寒い。本当にコートを持ってきていて良かったです。山を歩き、景色を眺めた後は、あたりにあるお土産ショップを物色しました。火山岩で作られたアクセサリーが売っており、母とお揃いで一つ購入しました。母娘旅行はこういうことができるので楽しいです。はちみつが名物なのか、はちみつ売りのトラックもありました。事実、今までで食べた中で一、二位を争うほどの美味しさでした。迷いに迷った末、お兄さんの愛想の良さに負けて購入。でも実際美味しかったので後悔はしていません。


その後はモーディカという街へ向かいました。チョコレートが有名とのことで、ココアを飲んだり、チョコレートを買ったりしました。甘くはなく、ダークでこってりしたチョコレートが主流のようです。私も母ももう少し甘くてあっさりしている方が好きという結論に至りましたが、もちろんこの街のチョコレートもコクがあって、好きな人は好きな味だと思います。到着時間が遅かったからかで閉まっている店も多かったため、ショッピングはそこそこに散歩を楽しみました。シチリアというと地中海の明るい島のイメージがあったのですが、私のイメージが間違っていたのか、モーディカという街がそうなのか、秋の気候のせいなのか、どことなく暗く、中世ヨーロッパを彷彿とさせる街でした。路地裏が多かったので、そこをふらふらと入ってみたりしました。田舎町のせいなのか、治安もさほど悪くなく、安心して路地裏散策を楽しむことができました。



その後また船に乗り、4時間の航海の末、またまた瀕死の状態でマルタに戻りました。良い経験になりました。

※この旅行記は2020年5月に書かれたものです。最新の情報はご自身でご確認ください。

イタリア 旅行記(体験記)


ヨーロッパツアーならおまかせ!(国別情報ページ)