創立25周年記念旅行体験記「プラハ旅行記」

8/7出発 エミレーツ航空で行く プラハ6日間に参加されたM.Yさんからのご投稿です。プラハ旅行を計画されている方はぜひご覧下さい。

☆今おすすめのチェコツアーを検索☆


チェコ共和国の首都プラハへの私と娘の個人旅行は、「リベンジ」旅行として企画された!さかのぼること8年。家族でヨーロッパにツアーで旅行したが、その夏は異常気象で豪雨と低温に見舞われた。最も楽しみにしていたプラハに到着した夜、普段は風邪もひかない娘が高熱を出し、翌日は病院へ。プラハ観光はフイになってしまったのだった。その、リベンジである。しかし、今回の旅行も珍道中。個人旅行ならの失敗も不手際もあったが、ツアーと違う醍醐味もまた多く、印象に残る旅となった。


<ヴルタヴァ川のナイトクルーズ>
アラブ首長国連邦のドバイ経由でチェコ共和国の首都プラハへ。到着後に、ネット予約済みのヴルタヴァ川のナイトクルーズに。ディナークルーズということもあり、またネットの口コミにかなり揺れるとあったこともあり、二人で酔い止め薬を1錠づつ服用したが、これが最初の失敗だった。娘は下船までの間ずっとテーブルに突っ伏して熟睡。私も眠さに食事もとれず、景色も何を見たかの記憶すら残っていない。「モルダウ」の合唱曲で知られるヴルタヴァ川。(ヴルタヴァ川はモルダウ川と同じ)プラハの市街の中心を流れる。夜もさぞかし、美しい‥かったに違いない。



<バスで行くチェスキー・クルムロフ>
世界遺産のチェスキー・クルムロフは「世界で一番美しい街」と言われる。中世ヨーロッパの面影がそのままだ。予約した座席指定の高速バスで一時間。おしぼりやチョコ味の飲み物が出る。快適。滞在時間の関係でチェスキークルムロフ城内は観光できなかったが、爽やかな日差しの中街並みを堪能し、エゴン・シーレの美術館も訪れた。家にはエゴン・シーレの版画がある。極貧、収監、病気と不遇のシーレについて娘に話ながら食べたマス料理はとても美味しく冷えたワインによく合った。




広場に面したレストランはゼラニュウムのハンギングが美しいオープンカフェ。しかし、すぐ近くに旧市庁舎があり、その地下は何とかつては政治犯を繋いだ監獄だった!ということで、現在は、残酷な拷問の様子を等身大の人形で再現した博物館になっている。実物の拷問道具が展示され、呻き声の音声まで流れる。「古き良き時代」の裏側を垣間見る。冷んやりした地下から戻ると、あまりに眩しい日差しとのギャップに異次元から戻ったかのようだった。


<カレル橋から徒歩でプラハ城へ>
カレル橋は幅10メートル、全長520メートルもある橋だ。プラハで最も古い石の橋で橋桁のアーチが重厚で美しい。橋にはザビエルなど古いものや比較的新しいものも含めて30以上の聖人像が立っている。歴史、信仰、暮らし。今もそれは途切れないのだと感じる。橋の両側には塔が建てられていて展望台として登ることが出来る。対岸にはプラハ城の城壁が見える。旧市街側に抜けるとアンティークな店や土産物を売る店などが並ぶ。甘い匂い。トウルデルニークというプラハの伝統菓子を焼く匂いだ。ハチミツとバニラやシナモンの香り。小麦粉の生地を金属の棒ローラーで巻き付けてくるくる回して焼く。蜂がたくさん群がって飛び回る。蜂が何匹も止まっているのに少し驚く。コーンの代わりにもなってそこにフルーツや生クリームをトッピングしたアイスクリームを食べながら歩いてプラハ城観光へ。帰り道、雨上がりの坂道で滑って転びそうに。後ろを歩いていた男性が咄嗟に支えてくれる。石畳を歩く世界中からの観光客。もう、出会うことのない人たち。でも、このひと時、同じ美しい街並みと夕陽に、浸る。



プラハの6日間は、日常と対極にある「悠久という時間」と出会う時間旅行だった。

※この旅行記は2020年5月に書かれたものです。最新の情報はご自身でご確認ください。

チェコ 旅行記(体験記)

  • 創立25周年記念旅行体験記「プラハ旅行記」

    8/7出発 エミレーツ航空で行く プラハ6日間に参加されたM.Yさんからのご投稿です。プラハ旅行を計画されている方はぜひご覧下さい。

  • オーストリア&チェコ JOIBUS 旅行記【2019年8月】

    当社社員が8月4日~10日の7日間でJOIBUSに体験乗車してオーストリア&チェコに行ってきました。最新のオーストリア&チェコ情報満載の旅行記です!オーストリア&チェコ旅行を計画されている方はぜひご覧下さい。

  • ウィーン&プラハ旅行記【2013年10月】

    10月30日~11月5日の5泊7日で当社社員が、ウィーン&プラハへ弊社ツアーで利用するホテルに泊まって現地視察旅行に行ってきました。今週から旅行記スタイルで最新のウィーン&プラハ情報をお届けします。


ヨーロッパツアーならおまかせ!(国別情報ページ)