創立25周年記念旅行体験記「ダブリン旅行記」

3/13出発 全日空ルフトハンザドイツ航空利用 ダブリン10日間に参加されたN.Hさんからのご投稿です。ダブリン旅行を計画されている方はぜひご覧下さい。

☆今おすすめのダブリンツアーを検索☆


何年も前から計画していたアイルランド旅行は、コロナの影響で3月13日から10日間の予定が4日早めての帰国となりました。

娘との初めての個人旅行でとても楽しみにしていたのですが、申し込んだ現地ツアーは尽く中止となりました。パブ巡りもアイリッシュダンスショーも突然の中止。それでも、何とか初日のグレンダロッホと翌日の北アイルランドのツアーに参加できることになりました。


グレンダロッホに到着した時、お天気がとても良く、初期キリスト教会跡とハイクロスが青空に映え言葉に言い表せないぐらいの感動を覚えました。周囲を散策して、1時間後、教会群に戻った時には小雨が降り出して、あんなに綺麗だった空は灰色の暗い空と化していました。アイルランドは、1日の中で頻繁にお天気が変わるらしく、晴天に恵まれたことはとてもラッキーでした。




北アイルランドのジャイアンツコーズウェイに到着した時も雨が降っていましたが、現地ガイドさんの説明が終わり自由行動となった途端、素敵な青空となりました。偉大なる自然を目の前にただただ感嘆の声だけ…
どちらのツアーも英語の説明で、英会話の苦手な日本人の私たちに、ガイドさんは、とても親切にしてくれました。




滞在期間はとても短く、現地の美味しい食事も堪能することはできませんでしたが、アイルランドの人々はとても気さくに声をかけて優しく接してくれました。観光地の素晴らしさは当然ですが、現地の方と触れ合うことができて有意義な旅行でした。




コロナの影響で、多くのこと考えさせられました。そのことは、私を成長させました。旅行中はもちろんのこと、前後の期間は感染予防は徹底的にしていました。頻繁に手と喉の消毒を行い、物を食べる時は必ず素手ではなく箸を使いました。アイルランドという国全般にも関心を持ち、多くの貴重な体験ができて良かったです。



しばらくの間、海外旅行をすることは叶いませんが、世界が元に戻った時には、必ずアイルランドに再び訪れることでしょう。

※この旅行記は2020年5月に書かれたものです。最新の情報はご自身でご確認ください。

アイルランド 旅行記(体験記)

  • アイルランドの首都はダブリンです

    アイルランドはイギリスの西に位置し、その首都「ダブリン」は人口100万人を超える大都市です。今回はそんなアイルランドの首都ダブリンの観光地をご案内させていただきます。


ヨーロッパツアーならおまかせ!(国別情報ページ)