2019GW旅行体験記「リスボン旅行記」(2019年4月)

4/27出発 関空発 人気のエミレーツ航空で行くリスボン6日間に 参加されたM.Nさんからのご投稿です。ポルトガルやリスボン旅行を計画されている方はぜひご覧下さい。

SPC リスボンの入ったツアー検索


今年のゴールデンウイークは改元と重なって10日間の休みが取れました。海外旅行を思い立ったのは1月、出足が遅れていることは承知していましたが、方々のHPを探し、いくつか問い合わせ、なんとかSPCのツアーにたどり着きました。数年ぶりの海外旅行にとてもわくわくして当日を迎えることができました。4月27日、リスボンへ旅立ちました。

リスボンはとても素敵な街でした。市内を縦横に走るレトロな路面電車、坂が多くケーブルカーも走っています。街全体がテーマパークのようでした。違いますね、テーマパークがこうした街を真似ているんですね。


レトロな路面電車

今回は妻と出かけましたが、現地はサマータイムのためなんだか夕方がたっぷりある感じでした。日没が8時過ぎ、それにつられて、夕食はいつも8時過ぎからゆっくりと、せわしい日本でのいつもの生活とは違って、ゆっくり楽しむことができました。リスボンと言えば、ファド。ファドを聴きながらの夕食もとても素敵でした。

妻は地のものを食することを楽しみにしていました。エッグタルト、ケイジャーダといったスイーツ、大きなイワシや干し鱈を使った魚介料理、どれもとても美味しかったです。割とリーズナブルな料金なもよかったです。二人で朝から晩まであっちこっち動き回りました。忙しく動きすぎて、昼食がスイーツだけになった日があり、妻は、ちゃんとした食事にすればよかったと、少し不満げでした。私はジョギングが趣味の一つです。旅行へ出かけるとその土地をぐるっと走るのも旅の楽しみです。リスボンでも目覚ましを5時にセットして、明け方の街をあっちこっちへ走ってきました。乗り物、特に地下鉄に乗っていてはわからない街の様子、明け方動き始める人々の息遣いを感じることがでます。昼間は賑やかな広場も明け方は独り占めです。文字通り足跡を残すことができます。


リスボンの街並み

さて、3日目、リスボンから西に40分程電車で行ったシントラで、今回の旅行の一番の思い出ができました。イスラムの絵本に登場しそうな色鮮やかなベーナ宮殿を観光して、次にいかにも中世のお城といった趣のムーアの城跡を散策していたときのことです。私は、城壁の上からシントラの町並みや猛々しい城壁をいろいろなアングルでカメラに収めることに夢中になっていました。首には一眼レフカメラと財布やパスポート、携帯電話が入ったポーチを下げていました。ムーアの城跡は高いところにあり、城壁には手すりもありません。妻は高い所は苦手なため、私は一人で城壁に登り、写真を撮っていきました。ぐるっと一回りして、ムーアの城壁の入り口に戻ったとき、なんと私の首には一眼レフカメラしか掛かってませんでした。どこにも置いた記憶はありません。もう焦って、冷や汗が出てきました。ヘートにいた現地の係員に英語で事情を話し、届けられていないか、先に訪ねた、ベーナ宮殿にも問い合わせてもらいました。そうこうしていると、先に別れた妻が戻ってきました。どこかで妻に預けたのではと聞いてみても、「知らない」という返事、妻も慌てて、「城跡を見てくる。」ともう一度、城跡の方へ登っていきました。その後も、係りの人に問い合わせをしてもらっていましたが、数分後、妻が、「あったよー。」と大声をあげながら戻ってきました。城壁の下の石の上に置いてあったとのことです。きっと、カメラをかけたり、城壁にぶつけまいと首から外して手で持ったりしているうちにポーチを落としてしまい、カメラの重みを感じていたがために、ポーチを落としたことに気づかなかったようです。


ムーアの城跡

海外はとかく治安が悪いということを耳にします。落し物は2度と戻ってこないと。しかし、今回ポルトガルの治安のよさにホッとしました。もしポーチが戻ってこなかったらと考えると、ゾッとします。リスボンで路面電車に乗ったときにも、私のリュックの口が少し空いているのを見つけた運転手さんが親切に注意を促してくれました。旅行者に優しいホスピタリティのある国だと感じました。

ヨーロッパなら英語でなんとかなるだろうと、ポルトガル語を全く使わずに過ごしてしまいました。ポルトガルのポスピタビリチィに甘えてしまったようです。次回は現地の言葉をもっと話そうと思います。そして、ポーチを首にかけるのはやめようと。

↑↑ TOPへ ↑↑ 海外旅行体験記TOPへ>>