格安航空券と格安ツアーのSPC(エスピーシー)トップページへ
格安航空券と格安ツアーのSPC(エスピーシー)
ご予約問合せは・・・mailspc@sogotour.co.jp  tel06-6364-9393
営業時間・・・月曜〜金曜(9:30〜19:00)/土曜(9:30〜17:00)※日曜・祝祭日休み
ツアー検索 航空券検索 海外ホテル検索 オプショナルツアー検索 ツアーホテルランクアップ
 ■旅の情報
 欧州鉄道パス情報
 レンタカー予約
 旅のリンク集
 海外旅行体験記
 ■その他情報
 航空券条件書
 ツアー条件書
 会社概要
 メルマガ登録

spctour.jp 内を検索
Google


エミレーツ航空で行くヨーロッパ
エミレーツ航空で行くヨーロッパ


外貨宅配サービス


海外データ通信レンタル
EF 海外語学留学
SPC旅行通信編集後記ブログ
ようこそ!SPCのFacebookへ
 ロシア(モスクワ-サンクトペテルブルグ添乗旅行記(2010年7月)


2010年7月18日 アエロフロート直行便で成田->モスクワ

アエロフロートは最新のエアバス330ダシュ200でパーソナルモニターも
付いていて機内エンタテーメントにも飽きません。これまた最新のアエロ
フロート専用のモスクワシェレメチェボ空港ターミナルDに定刻に到着!

ここから早速ロシアの洗礼を浴びることになります。
空港の入国審査に並ぶこと延々2時間。たくさん人が並んでいるのに審査の
ゲートは5つだけしか開いてなく(全部で30くらいあるのに、ボーとして
いる係員もいる)、ひとりひとりの手続きにも時間がかかる。

2010年7月19日 アエロフロートでモスクワ->サンクトペテルブルグ

宿泊先のコルストンホテルからタクシーでモスクワシェレメチェボ空港へ
渋滞の可能性があるので早めに出たが、この日はすんなり行けて
約1時間で空港へ(タクシーはホテルに頼んで2700ルーブル=8,600円)

サンクトペテルブルグ空港到着後は、39系統のマルシュルートカ(小型乗
り合いバス)で最寄の地下鉄モスコフスカヤ駅へ。このマルシュルートカで
は最後尾の乗客は他の乗客を仲介して手渡しで運転手まで運賃を払います。
そしておつりは他の乗客を経由して戻ってきます。私も仲介役をしました。

そして地下鉄を乗り継いでホテルまでたどり着きました。地下鉄の印象は
とにかく乗っている人が多い、駅が人であふれている、ひっきりなしに
電車が来る、駅構内の造りが重厚で豪華、地下深いところを走って
いるので地上までのエスカレーターがやたら長い。エスカレーターの速度は
日本の2倍くらい早いのですが、時間を計ると地上に出るまで5分もかかり
ました。(さすがにエスカレーターを駆け上がる人はいません。)そして、
人が乗り込んでいようと勝手にドアを閉めることです。しかも日本のように
人が挟まれても二度とあけてくれず、閉まる強さも強力で、危険です。
いかにもさっさと乗り込まないほうが悪いといわんばかりです。

ホテルはサンクトペテルブルグのモスクワ駅から徒歩5分くらいのところに
ある近代的なIBISホテル(1泊朝食付きで10,000円前後)です。

スターリンクラシック建築のモスクワ大学 トルコ航空機内食 
 スターリンクラシック建築のモスクワ大学   やたら長いサンクトペテルブルグの地下鉄エスカレーター

2010年7月20日 終日、サンクトペテルブルグ観光後、夜行列車でモスクワへ

エルミタージュ美術館->サンクトペテルブルグ市内運河クルーズ観光
->血の上の救世主教会->ネフスキー大通りを通ってホテルへ

まずは観光の目玉、エルミタージュ美術館へ11時頃に着きましたが
入場するためにすでに長蛇の列、列、列.... 結局、炎天下を1時間半
並んでやっと館内へ。中に入ってみるとガラガラです。入場の切符売りの
ブースが少なく、いろいろな入場料金のオプションがあってひとりひとりに
説明しながら売っているので時間がかかります。

エルミタージュ美術館は、まず何と言っても、もともと宮殿であった建物を
美術館として利用しているので、各展示室が「謁見の間」や「紋章の間」など
豪華絢爛な装飾が施されていて、それを見るだけでも価値があります。
さらに美術の教科書に載っているようなレオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロ
ミケランジェロなどのイタリア美術、ルーベンスやレンブラントのオランダ美術
エルグレコやゴヤのスペイン美術にセザンヌやモネ、ルノワール、ゴッホ、ピカ
ソ、ゴーギャンなどの近代ヨーロッパ美術まで一同に展示されています。
ちょっと言い過ぎかも知れませんが、ウフィツィ美術館とアムステルダム国立美
術館とプラド美術館を同時に行ったような価値があります。そんなに美術に造詣
のないこの私が3時間くらい見学してしまいました。

並び疲れと歩き疲れで次は、1時間の運河クルーズ観光船に乗船です。
エルミタージュ美術館の間を抜けて巡洋艦も停泊している大きなネヴァ川に出て
夏の宮殿あたりから運河に入り、たくさんの宮殿や教会を船上から眺められます。

その後、もうひとつの観光の目玉、血の上の救世主教会をめぐり、たくさんの
ホテル、ショップ、レストランが並ぶネフスキー大通りを通ってホテルへ

エルミタージュ美術館 血の上の救世主教会
    エルミタージュ美術館内部                血の上の救世主教会

ホテルには19時頃、戻ってきましたが夜行列車が出発する11時までまだ4時間
あります。ホテル内のバーでノートパソコンを開いてメルマガ執筆開始です。
11時になってもこの時期サンクトペテルブルグは、まだ明るいです。ホテルを
出て徒歩5分で夜行列車が出るモスクワ駅へ(ガイドブックには深夜の駅までの
道や駅の中は危ないと書いていましたが、私の感覚では特に危険は感じませんで
した。これは時期的なことや個人的な感覚の差もあるので参考までに)

一晩、退屈しないように駅内のコンビニでビール、お菓子、水を買い込みまし
た。ホームにはすでに豪華な夜行列車が止まっており、各号車の入り口にひとり
づつ女性の車掌が立っていて乗り込む人の乗車券とパスポートなどをチェックし
ています。寝台個室にはすでにお菓子と水が備え付けてあり、コンビニで買い込
む必要はありませでした。定刻に列車はホームを離れ、とりあえずビールを飲み
ながら外をながめていると係員がやってきて、明朝の朝食を4つから選ぶように
聞かれました、そして何とビール、ジュース、ウイスキー、ワインが入ったかご
を持っていてひとつ選べと言ってます。ついついビールを選んでしまいました。

鉄道オタクとしては、ここでやすやすと寝るわけにはいきません。ビールを2
本飲んでふらふらになりながらも食堂車まで出撃です。豪華なバーラウンジの
ようなソファーに座り、スタッフにおすすめのロシア料理とビールを注文しまし
た。さすがにビール3本と心地よい夜行列車の揺れで深い眠りにつきました。

2010年7月21日 終日、モスクワ市内観光

ホテル->雀が丘展望台〜モスクワ川クルーズ〜クレムリン->赤の広場

セントペテルブルグからの夜行列車は、定刻朝8時にモスクワのレニングラ
ード駅に到着。各車両に一人ずつ乗っている車掌がホームに直立して乗客を
見送る。(写真を撮りたかったがロシアでは空港や駅構内での撮影不可)

地下鉄に乗り換えて市内南部のコルストンホテルへ。荷物を預けて
市内観光開始!まずスターリンクラシック建築の巨大なモスクワ大学へ。
 
その後、露天のお土産屋が並ぶ雀が丘へ。ここでは、たくさんの種類の
マトリョーシカが所狭しと置かれています。かわいい女の子のものから
ソ連時代からの歴代大統領のものやいろいろなマトリョーシカがあります。
アメリカやドイツ、中国、韓国の歴代指導者のマトリョーシカはありましたが
日本のものは見当たりませんでした。日本からの観光客が少なく需要がないの
か、はたまた指導者が替わりすぎて製造が追いつかないのか?雀が丘展望台は
モスクワで一番高いところなのでモスクワ川を挟んで市内を一望できます。

雀が丘 かわいい女の子マトリョーシカ 歴代大統領マトリョーシカ
雀が丘の露天お土産屋          かわいい女の子マトリョーシカ  歴代大統領マトリョーシカ

展望台から川べりの船着場まで降りてモスクワ川のクルーズ船に乗ります。
まず世界遺産のノヴォデヴィッチ修道院近くまで下って、Uターンして市内中心に
向かいます。途中、救世主キリスト聖堂を眺めながら、巨大な城壁に囲まれた
クレムリンの横を船は通り過ぎ、これまた巨大なスターリンクラッシク建築の
芸術家アパートまで行ってUターンして、赤の広場近くで下船します。

クルーズ船からのクレムリン 芸術家アパート
 クルーズ船からのクレムリン             芸術家アパート

クレムリンには、たまたま列に並ぶことなくすんなりと入れました。
クレムリンの城壁の中には大統領府もありロシアの政治、宗教、文化の中心と
いうこともあって緊張しましたが中ではたくさんの観光客が教会めぐりや武器庫
見学をしていてざわざわとしていました。どちらかというと中に入るより外から
重厚で壮大な城壁と建物を眺めるほうが価値があるようです。

その後、歴史博物館、グム百貨店、レーニン廟、ワシリー寺院に囲まれた
赤の広場に行きました。グム百貨店は観光ポイントとしても有名ですが、今でも
高級ブランド店やカフェ、レストランなどがたくさんあってにぎわっています。
そしてロシアで一番ロシアらしい聖堂がワシリー寺院です。玉ねぎ形のドームと
派手な外観であまりにも有名です。モスクワ観光を一通り終えて地下鉄でホテルへ。

赤の広場 ワシリー寺院
 赤の広場                     ワシリー寺院

翌日、貸切バスで空港に向かいましたが、有名な渋滞につかまって3時間も
かかって、ちょっとあせりました。とにかく空港に向かいう高速道路のような
大通りのど真ん中に故障車が止まっていたり、事故があったり、渋滞のことなど
関係なしに道路工事が行われていたりと空港までたどり着くのに一苦労です。

ただ空港に着くと新ターミナルは快適でチェックインや出国審査はスムーズ
でした。入国は厳しく、出て行く者には関知せずというところでしょうか。

   
 ↑↑ TOPへ ↑↑
 
会社概要航空券条件書ツアー条件書メルマガ登録ご予約・お問合せSPCのトップページへ
Copyright(c)1999 Sogo Tour Co.,Ltd. All Rights Reserved
このページをYahoo!ブックマークに登録 このページをGoogle Bookmarks に登録 このページをはてなブックマークに登録 このページをlivedoorクリップに登録
SPCのホームページ(http://www.spctour.jp/)は、リンクフリ−です。
海外旅行傷害保険はエース保険へ
ハーツレンタカーオンライン予約
世界のお土産「三洋堂」
海外用レンタル携帯電話