2017GW旅行体験記「アムステルダム旅行記」(2017年5月)

5/3出発 フィンランド航空利用 アムステルダム5日間に
参加されたからのご投稿です。
アムステルダム旅行を計画されている方はぜひご覧下さい。

SPC アムステルダムの入ったツアー検索

------------------------------------------------------------------

オランダって、直行便があるし、短期間で簡単に行けそうなので、いつで
もいいかなあ、と、これまでずっと後回しにしてきました。
今年のゴールデンウイークは5日間だけ。5日間で行って帰ってこれるとこ
ろって、限られてるし、まあ今回はオランダでいいか、直行便あるし。・・・
と思って計画を立て始めると、2月の時点ですでに直行便は満席。
みんな早くから航空券予約しちゃうんだなあ。フィンランド航空のヘルシン
キ乗継ならまだ空席があったので、こちらを利用することになりました。

フィンランド航空の乗継は、とてもスムーズでした。
乗換で各地に行く時は、乗継時間がいつも不安ですが、ヘルシンキの空
港は、自動化が進んでおり、日本人パスポート専用のゲートもありました。
乗換の時って、長蛇の列を見るたびに不安になるけれど(そして本当に
フライトを逃したりするけれど)、問題解決をはかっているヘルシンキの
空港は素晴らしいな。

さて、アムステルダム到着。
空港を出ると、チューリップが売られていたり、空港前にやっぱりチューリッ
プが咲き誇っていたり、本当にイメージ通り。きれいでした。

滞在は二日しかないけれど、いつも海外ではとくに予定も作らず、ふわっと
過ごすだけ。アムステルダムも、街並みを見て、のんびり過ごしてきました。

運河沿いの、とてもきれいな街並み。 ハンドバッグ・ミュージアム
運河沿いの、とてもきれいな街並み。       ハンドバッグ・ミュージアム

ハンドバッグ・ミュージアムっていうところに行ってみました。
ここでは、時代ごとのバッグのコレクションが紹介されています。
私は現代コレクションだけ見てきました。

カップケーキのハンドバッグ。 雑誌をまるめた感じ。かわいいな。
カップケーキのハンドバッグ。       雑誌をまるめた感じ。かわいいな。
カップケーキのハンドバッグ。 雑誌をまるめた感じ。かわいいな。
こんなのもある。 一番好きだったのは、これ。売ってたら絶対買うんだけどなあ。


ハンドバッグミュージアムを後に、さらにふらふら歩いて、運河沿いの
カフェへ。地元の人に人気があるみたい。
運河沿いの、とてもきれいな街並み。 ハンドバッグ・ミュージアム

窓側の席はやっぱり人気。しばらく待ってもあきませんでした。

アムステルダムは、歩いて見どころをまわれる広さです。
でも、ちょっと疲れてきたので、トラムに乗って移動することにしました。

トラムに乗りながら、素敵な雰囲気の場所を通り抜けました。
どうやら、国立美術館、ゴッホ美術館があるあたりのようです。
明日はこのへんをうろついてみよう。

夜は、宿泊ホテルの近くのブラッサリーで。
warm goat cheese, nuts, honeyのサラダ。
そしてgin & tonicにはラズベリーがたくさん。
おいしかった。自分でも作ってみれそう。

運河沿いの、とてもきれいな街並み。 ハンドバッグ・ミュージアム
ホテルの近くのブラッサリーにて       レンブラントの「夜警」

さて、翌日。列車に乗って風車の風景をみにいって、アムステルダムに
戻ってきて、さっそく国立美術館へ。レンブラントの「夜警」は、光のまぶ
しさが目に差し込んでくる壮大な作品。圧巻。
私は美術の世界に生きる人間ではないけれど、この作品の前では、
しばらく動けなくなりました。Completely blew me away.
美術に興味がない方も、絶対に訪れた方が良いと思います。

今度は違うカフェで一服。アップルタルトに生クリームたっぷり、って
いうのが、地元の人のお気に入りみたいです。

また少し歩いて、おしゃれショッピングのストリート、
Pieter Cornelisz Hooftstraatへ。グッチのワンピース。かわいい。

運河沿いの、とてもきれいな街並み。 ハンドバッグ・ミュージアム
アップルタルトに生クリームたっぷり  Pieter Cornelisz Hooftstraat

残った時間で何をしようかなあ、と考え、予定していなかった「アンネの
家」を見に行くことに。小学校時代によく読んでいた「アンネの日記」。
辛くなるのわかってるから、行くつもりなかったんだけど、、、でも、
もう来ること、ないかもしれないし。寒空の中を2時間待ってやっと入場。

隠れ家。隠し扉。
当時のアンネ・フランク一家はじめ、8人が生活していた場所。
展示には、ナチスに連行されるユダヤ人の写真があり、やはり涙が
出ました。この時代に巻き戻されることがあってはいけない。不穏な
世の中になっている昨今、私たちのこの思いは、叶うのでしょうか。

そして、一階では、アンネ・フランクの写真がたくさん展示されていました。

The only thing we have to remember is: all her would-haves are
our real possibilities. All her would-haves are our opportunities.

エマ・トンプソンの言葉が胸に響きました。

5日間の短い旅程、二日間だけの観光でしたが、素敵な街並み、芸術、
ショッピング、cozyなカフェでのひと時。とてもrelaxingでした。アンネ・フ
ランクの家を訪れたことで、人類の負の遺産の一遍をも垣間見ることが
でき、楽しいだけではなく、身のひきしまるような思いで、オランダを後に
しました。SPCさん、ありがとうございました。

SPC アムステルダムツアー検索

↑↑ TOPへ ↑↑ 海外旅行体験記TOPへ>>