ベトナム(ハノイ&フエ&ダナン)旅行記(2015年5月)

当社社員がベトナム(ハノイ&フエ&ダナン)に5日間の日程で
視察旅行に行ってきました。旅行記スタイルで最新情報をお届けします。

------------------------------------------------------------------

すでにホーチミンは訪れたことがあるので今回はベトナム中北部の
ハノイ&フエ&ダナンに行ってきました。

5/16 関西空港発10:30->ハノイ空港着14:05

ベトナム航空の直行便で約5時間30分のフライトでハノイへ到着です。
ハノイ到着後は、乗り合いリムジン(バン)に乗ってハノイ市内ホテルへ。
この乗り合いバンは、ぎゅうぎゅう詰めの定員になるまで出発しません。
約10分ほど待って満員になり出発しました。市内まで約30分で到着です。
はじめは4ドルと言ってましたが、荷物があるとか、ホテル直付けとか
言われて8ドル取られました。(外国人はみんな取られていたようです。)

今日のホテルは、ハノイ駅前のHotel Mercure Hanoi la Gare です。
古きよきフランス統治時代の面影を残すクラシックホテルです。

 Hotel Mercure Hanoi la Gare ハノイ駅 
 Hotel Mercure Hanoi la Gare         ハノイ駅

少し涼しくなった夕方から市内散策です。まずホテルの目の前のハノイ駅に
行って、次にハノイ大教会 (セント ジョセフ教会)を回って、行き交う人々
バイク(家族全員4人乗りもある)や車の喧騒を眺めながら、
市内をぐるぐる回りました。(実は迷子になってしまって..)

 ハノイ大教会 (セント ジョセフ教会) 食堂街を走るバイク 
  ハノイ大教会 (セント ジョセフ教会)     食堂街を走るバイク
 ベトナムビール ベトナム料理 
          ベトナム(ハノイ)ビールとベトナム料理             

さすがにおなかがすいたので食堂街にあるレストランでハノイビールで
ベトナム料理を食べました。少し酔っ払いながらホテルに戻って熟睡です。

ベトナム2日目は、今回のメイン訪問先のひとつハロン湾観光です。

今回は日帰りオプショナルツアーに参加しました。(所要約12時間)
早朝ハノイをミニバスで出発して片道約3時間(途中お土産屋でトイレ休憩)
船着場に到着後、36人乗りの観光船(ジャンク船)に乗り換えて、ハロン湾
観光へ。同じ時間に何十隻もの観光船が出発するため船着場は大混雑。

 船内でシーフードランチ ハノイ駅 
 船内でシーフードランチ         ハロン湾(奥に香炉岩)

ほどなく船内でシーフードのベトナム料理のような中華料理のような昼食が
始まり、昼食が終わった頃、観光船はハロン湾の景勝地の奇岩の間を縫うよ
うに進んで、ティエンクン鍾乳洞がある島に接岸する。(奇岩には香炉岩や
闘鶏岩、インディアン岩、ゴリラ岩などそれらしい名前が付けられている)

ここで一旦、船を降りて約30分間のティエンクン鍾乳洞見学です。洞内は
これまたそれらしい名前が付けられた岩々が派手にライトアップされてます。

 鶏がけんかしている闘鶏岩 ティエンクン鍾乳洞 
 鶏がけんかしている闘鶏岩         ティエンクン鍾乳洞

再び船に乗船して、船着場へ戻ります。約4時間のハロン湾観光でした。
船着場にはいっせいに観光船が戻ってくるため船同士で押し合いへし合い
しながら(というよりもぶつかりながら)自船の接岸領域を確保します。

 鍾乳洞のある島の展望台から 夜のハノイ駅 
 鍾乳洞のある島の展望台から         夜のハノイ駅

再度、ミニバスに乗車してハノイに戻ります。ハノイに着いた頃には
すでに夜でホテルに預けていた荷物をピックアップして、ホーチミン
行きの夜行列車に乗るため徒歩でハノイ駅へ向かいます。

ベトナム2日目の夜から3日目の朝は、
ハノイからフエまでベトナム統一鉄道の夜行列車で移動です。
ちょうどホーチミンまでの中間点がフエ、ダナンです。
22時にハノイ駅を出発して、翌朝10時30分にフエ駅に着きます。
飛行機で移動すれば1時間のところを優雅に12時間の列車旅です。
列車内は、2段ベットが向かい合った4人部屋でした。

とりあえずまだ眠れないので、駅で買い込んだポテトチップスを
ほおばりながらベトナムビールをグビグビと。(食堂車はありません。)

知らぬ間に眠りについて、目が覚めるとすでに明るくなっていて
朝食のベトナム風おかゆをワゴンで売りに来ます。

 ハノイ大教会 (セント ジョセフ教会) おかゆを売るワゴン 
     ベトナム風おかゆ          おかゆを売るワゴン
 寝台車内 フエ駅到着 
          寝台車内             フエ駅到着

フエ駅に到着後、駅前のグリーンホテルを視察、その後ダナンに向かう
予定でバスや鉄道の時間を調べたら、バスは13時頃発のローカルバスが
あるがいろいろ停車していくのでダナン到着が17時頃になるとのことで
却下。鉄道は夜の19時までダナンまで行くのがないとのことで却下。
その日の夜の便でダナン空港からホーチミン経由で関空へ戻らないと
いけないのに途方に暮れているとホテルの人がタクシーをチャーター
すれば約2時間で行けて、50ドル(安!)と教えてくれたので、ホテルの
人にお願いしてタクシーを手配してもらうことに。(次週へ続く)

 フエ駅前 フエグリーンホテル 
       フエ駅前         フエグリーンホテル

どうやってダナンまで行くか右往左往していたのに、いざタクシーを
手配してもらうと時間的にも余裕が出て、まっすぐダナンに行くと時間が
余るので、せっかく世界遺産の古都フエに来たので、タクシーに交渉して
10ドル追加でフエ観光も追加してもらうことに。

 フエ駅前 ティエンムー寺院 
       ティエンムー寺院からの眺め         ティエンムー寺院

まず最初に訪れたのが世界遺産の八角形七層の塔 ティエンムー寺院に。
寺院は高台にあり、前を流れる雄大な川が見渡せます。それから名物
フエ料理の店を教えてもらって昼食を取ってから、メインの世界遺産
「王宮」見学です。

 フエ料理の店 フエ料理 
       フエ料理の店         フエ料理(少しからい)
 王宮 王宮内 
       王宮         王宮内

王宮見学後、タクシーでダナンへ向かいます。近年、道路が整備され
日本の協力で作られた長いトンネルなどを通って約2時間で到着です。
ただ整備されたといってもまだまだデコボコの片側1車線の道を荷物を
満載した大型トラックが行き来しているので、時間はかかります。

 王宮前広場 フエ-ダナン間の峠から 
 巨大ベトナム国旗がはためく王宮前広場   フエ-ダナン間の峠から

途中、景色のよい峠を2箇所くらい越えていくので車窓から眺めていると
飽きません。(長いトンネルが出来るまではもっと景色のよい峠を通った
そうですが、トンネルのおかげで30分くらい短縮されたと感謝されました)

長いトンネルを抜けて下り坂に差し掛かると夕闇にダナンの街が
見えてきました。

ダナンは古都フエの落ち着いたたたずまいとは違って、ベトナム第3の
都市だけあって、人や車も多く、活気があります。最近、ダナンは
リゾート地として郊外のビーチ沿いに高級ホテルが乱立していますが
今回の目的は市内中心部のホテル視察なので、中心部を流れるハン川
沿いに徒歩でホテルを見て回りました。

 ハン川 Sanouva Danang Hotel 
        ホテルから眺めるハン川       Sanouva Danang Hotel

ホテル視察が終わった後、ベトナムコーヒー(甘すぎる)で一服した後
タクシーで空港に向かいます。ダナン空港も伊丹空港のように市内に
近いたん10分くらいで着いてしまいます。(タクシー代は約1,000円)

 ダナン空港 ベトナム航空機内食 
     近代的なダナン空港        ベトナム航空機内食

ダナンから関空へはハノイ経由でもホーチミン経由でもほぼ同時刻発で
ほぼ同時刻に関空に着きますが、今回は、往路がハノイ回りだったので
ホーチミン経由で帰国しました。ホーチミン空港の国内線と国際線の
ターミナルは200mくらい離れていて徒歩で5分くらいで移動できます。

5/18 ダナン空港発21:00−>ホーチミン空港着22:30
5/19 ホーチミン空港発00:15−>関西空港着07:00

   
 ↑↑ TOPへ ↑↑