格安航空券と格安ツアーのSPC(エスピーシー)トップページへ
格安航空券と格安ツアーのSPC(エスピーシー)
ご予約問合せは・・・mailspc@sogotour.co.jp  tel06-6364-9393
営業時間・・・月曜〜金曜(9:30〜19:00)/土曜(9:30〜17:00)※日曜・祝祭日休み
ツアー検索 航空券検索 海外ホテル検索 オプショナルツアー検索 ツアーホテルランクアップ
 ■旅の情報
 欧州鉄道パス情報
 レンタカー予約
 旅のリンク集
 海外旅行体験記
 ■その他情報
 航空券条件書
 ツアー条件書
 会社概要
 メルマガ登録

spctour.jp 内を検索
Google


エミレーツ航空で行くヨーロッパ
エミレーツ航空で行くヨーロッパ


外貨宅配サービス


海外データ通信レンタル
EF 海外語学留学
SPC旅行通信編集後記ブログ
ようこそ!SPCのFacebookへ
 ウィーン&プラハ旅行記(2013年10月)


10月30日〜11月5日の5泊7日で当社社員が、ウィーン&プラハへ
弊社ツアーで利用するホテルに泊まって現地視察旅行に行ってきました。
今週から旅行記スタイルで最新のウィーン&プラハ情報をお届けします。

------------------------------------------------------------------

今回はフィンランド航空を利用して、ウィーン&プラハへ行ってきました。
フィンランド航空は今話題の「マリメッコ」とパートナーシップを結んでおり
座席に備え付けれれている毛布や機内食のナフキン等も可愛らしいデザイン。
乗継地のヘルシンキ空港では「ムーミン」グッズや「マリメッコ」専門店等
ショッピングも楽しめるので、特に女性に大人気の航空会社です。

 フィンランド航空 機内食 
    フィンランド航空                    機内食

またヘルシンキ空港は同じターミナル内で欧州各都市への全てのフライトに
乗継ぐことができるので、簡単でスムーズ!日本人スタッフが常駐しており
日本語のアナウンスも流れるので、安心です。関西空港を11:50に飛び立ち
ヘルシンキを経由して、同日の18:30にウィーン国際空港に到着しました。

 ヘルシンキ空港 ウェストバーンホテル(外観) 
    ヘルシンキ空港               ウェストバーンホテル(外観)
 ウェストバーンホテル(室内) ウェストバーンホテル(朝食)  
  ウェストバーンホテル(室内)            ウェストバーンホテル(朝食)

宿泊ホテルは西駅からすぐのところにあるウェストバーンホテルだったので
空港から西駅までリムジンバスに乗りました。チケットは運転手から購入。
座席が埋まってしまうと立ち乗り(所要時間:約45分)になるので、素早く
バス乗り場まで行くことをお勧めします。

 地下鉄構内 シェーンブルン宮殿 
    地下鉄構内                  シェーンブルン宮殿

翌日は早起きして、まずシェーンブルン宮殿へと向かいました。ウィーンの
地下鉄は券売機でチケットを購入する場合でも英語やフランス語など言語を
切り替えられるので、簡単です。(オーストリアの公用語はドイツ語)
24時間/48時間/72時間乗り放題チケットもそのまま券売機で購入できます。
私は24時間乗り放題チケットを利用しましたが、毎回切符を買う必要がなく
ちょっとした距離でも地下鉄に乗って時間短縮できるので、お勧めですよ!

シェーンブルン宮殿の後はリング内へ移動し、まずはザッハートルテ発祥の
「ホテル ザッハー」のカフェで、もちろんザッハートルテを注文しました!
横に付いてくる生クリームが甘くないので、一緒に食べると丁度良い甘さに。
甘いものが少し苦手な私でも、とても美味しく頂けました☆

 カフェザッハー ザッハートルテ 
    カフェザッハー                  ザッハートルテ

ケルトナー通りを散策しながらシュテファン寺院へ向かい、王宮等を巡って
疲れたところでまたまたティータイム♪次はウィーンを代表する老舗カフェ
「ツェントラル(CENTRAL)」で寛ぎました。この店は19世紀末に文学者や
芸術家達が集まったウィーンでは有名なカフェで、宮殿のようなアーチ型の
高い天井と非常に広い店内、いい感じの音楽と程よい賑わいで居心地抜群!
私的にかなりお勧めなので、ウィーンを訪れた際は是非お立ち寄り下さい。

 カフェ ツェントラル カフェ ツェントラル 
    カフェ ツェントラル                  カフェ ツェントラル

ウィーンと言えば!!音楽の都ですよね♪夜はクラシックコンサートを観に
行きました。オペラ座などの主要な観光地にはモーツァルト風の格好をした
チケット販売員がいるので、当日券を購入。ウィーンには劇場が沢山あって
毎日どこかでコンサートが催されているので、気軽に楽しめます。

 シュテファン寺院 ヴィーナー・シュニュツェル(ウィーン風カツレツ ) 
    シュテファン寺院             ヴィーナー・シュニュツェル(ウィーン風カツレツ )

オペラも立ち見なら数ユーロで鑑賞できるのですが、ドレスコードもあり
長時間堅苦しいのはしんどいので、クラシックコンサートを選択しました。
私が観た演目はかなり後方の座席で30ユーロ。規模は小さかったのですが
オーケストラの演奏だけでなく、歌あり、バレエありの一石三鳥な感じで
とても見応えありでしたよ!            

 クラシックコンサート 歌あり、バレエあり 
    クラシックコンサート             歌あり、バレエあり

翌日はウィーンからプラハへ移動。列車よりバスの方が安いし、所要時間も
変わらないので、バスを利用したかったのですが、当日の便はなんと満席!
やっぱり人気なんだ…前もって予約しておけば良かったなぁと後悔しながら
仕方なく列車で移動しました。と言うのもブダペストやザルツブルグ行きは
ホテル前の西駅から列車が出ているのに、何故かプラハ行きはないのです。
重たいスーツケースを引きずりながら、地下鉄でシーメリング駅まで移動し
ユーロシティ(EC)に揺られること約4時間半。プラハ本駅に到着しました。

 シーメリング駅とユーロシティ(EC) ユーロシティ(EC)車内 
    シーメリング駅とユーロシティ(EC)             ユーロシティ(EC)車内

プラハでの宿泊ホテルは「アリストン」です。プラハ本駅から歩きましたが
スーツケースを持っては少々ハードな道のりでした。距離は大したことない
のですが、ホテルまでほとんど上り坂なので、到着時はトラムかタクシーを
使うことをお勧め致します。ホテル自体は良かったので、私的には満足です。

 アリストンホテル外観 アリストンホテル室内 
    アリストンホテル外観             アリストンホテル室内

プラハに着いて一番最初に向かったのは居酒屋さんです♪実はチェコは国民
一人当たりのビールの消費量が世界一(年間約144L)なのをご存知ですか?
日本人の約3倍にあたるそうです。なんせ喫茶店や飲食店にある飲み物の中で
一番安いのがビールなんですから、必然的にそうなりますよね。コーヒーや
紅茶、コーラよりも断然ビールが安いんです。そして美味しいんですもの!
チェコの名物料理「鴨のロースト」と「クネドリーキ(白い蒸しパン)」を
頬張りつつ、ビールをぐびぐび飲みつつプラハの夜は更けていきました。

 近代的なプラハ本駅構内 鴨のローストとクネドリーキ(白い蒸しパン) 
    近代的なプラハ本駅構内             鴨のローストとクネドリーキ(白い蒸しパン)

プラハ2日目は終日市内観光をしました。そこでプラハ旅行を予定している
皆様に注意!!チェコの通貨はユーロではなくチェココルナなので、現地で
両替される方も多いと思いますが、両替詐欺が多発しています。観光地には
沢山の両替店が点在しているので、観光途中でも気軽に両替できるのですが
両替店の前で声をかけてくる人には絶対に注意して下さい。実は私も被害に
遭いました。手口は簡単。両替店より少しだけ良いレートを提示して両替を
勧めてきます。私は20ユーロを両替してしまいましたが、なんと手渡された
紙幣はチェココルナではなく、ベラルーシの通貨だったのです!べラルーシ
の通貨は大暴落しており、1ユーロ=127,448ベラルーシルーブルになるにも
関わらず20ユーロを520ベラルーシルーブルと交換してしまったのです(涙)
その時はまだチェココルナ紙幣も見慣れていなかったので、全く気が付かず
スーパーで買い物をしている時に、初めて騙されたことに気が付きました…
海外旅行には慣れているつもりですが、油断禁物!しっかりと気を引き締め
直さなければと良い教訓になりました。皆様も気を付けて下さいね。

 ベラルーシルーブル紙幣 プラハ城からの眺め 
    ベラルーシルーブル紙幣             プラハ城からの眺め

  カレル橋とたくさんの観光客 
火薬塔と市民会館 
    カレル橋とたくさんの観光客             火薬塔と市民会館

プラハ観光はと言いますと、とても順調に進みました。まず火薬塔をくぐり
抜けて旧市街を散策、カレル橋を渡ってプラハ城へ。プラハ市内は徒歩でも
十分観光できますが、坂道や石畳が多いので、歩き慣れた靴がお勧めです。
疲れたら近くの喫茶店等でビールを飲み、また歩くの繰り返しで一日あれば
ほどんど制覇できました。ここでウィーンに続き、プラハのお勧めカフェを
ご紹介。「カフェ ルーブル(CAFE LOUVRE)」は1902年にオープンして以来
多くの著名人に愛され支持されてきた老舗のカフェ。アールデコ調の高級感
溢れる装飾で、とても良い雰囲気です。ここでは私も紅茶とケーキを注文し
ゆったりとしたひと時を過ごしたのでした。

 カフェ ルーブル(CAFE LOUVRE) カフェ ルーブル(CAFE LOUVRE) 
    カフェ ルーブル(CAFE LOUVRE)         カフェ ルーブル(CAFE LOUVRE)

プラハ3日目は世界遺産の町チェスキー・クルムロフ観光に行ってきました。
前回の反省を活かし、バスのチケットはちゃんと前日にGET!いくつかの
バス会社が運行していますが、スチューデント・エージェンシー社がお勧め
です。もちろんスチューデント(学生)でなくても利用可能。車内も豪華で
飛行機みたいに座席にはリクライニングやパーソナルモニターも付いている
んです!また運転手の他に乗務員さんがいて、一人一人にドリンクをサーブ
してくれます(無料)。週末の利用は特に混みますので、早目の予約が必須
ですよ!プラハを出発して約3時間でチェスキー・クルムロフに到着しました。

 スチューデント・エージェンシー社のバス チェスキー・クルムロフ遠景 
    スチューデント・エージェンシー社のバス        チェスキー・クルムロフ遠景

チェスキー・クルムロフは南ボヘミア州に位置する小さな町で、クルムロフ
城を含め優れた建築物と歴史的文化財が世界文化遺産(1992年)に指定されて
います。可愛らしい家々が重なり合うように建っており、その合間をぬって
流れるヴルタヴァ川と溢れる緑。どこを切り取っても絵になる美しい町です。
この日は雨が降っていたので、残念ながら写真が少し暗めなのですが、是非
この感動をご自身の目で確かめに行って下さい!チェスキー・クルムロフは
とても小さな町なので日帰りでも十分でしたが、中世の雰囲気に浸りながら
ゆっくりとされたい方は現地で1泊しても良いと思いますよ♪

 チェスキー・クルムロフ街中 プラハ最後の夜に乾杯〜! 
    チェスキー・クルムロフ街中        プラハ最後の夜に乾杯〜!

プラハに戻った後は、またまた居酒屋でプラハ最後の夜に乾杯〜!!安くて
美味しいビールとの別れを惜しみつつ旅の最後を締めくくりました。今回は
ウィーンとプラハを周遊しましたが、弊社では沢山の周遊プランをご用意し
ております。またお客様のご希望に応じて、様々なアレンジにも柔軟に対応
致しますので、お気軽にお問い合わせ下さいね☆     <おわり>

   
 ↑↑ TOPへ ↑↑
 
会社概要航空券条件書ツアー条件書メルマガ登録ご予約・お問合せSPCのトップページへ
Copyright(c)1999 Sogo Tour Co.,Ltd. All Rights Reserved
このページをYahoo!ブックマークに登録 このページをGoogle Bookmarks に登録 このページをはてなブックマークに登録 このページをlivedoorクリップに登録
SPCのホームページ(http://www.spctour.jp/)は、リンクフリ−です。
海外旅行傷害保険はエース保険へ
ハーツレンタカーオンライン予約
世界のお土産「三洋堂」
海外用レンタル携帯電話