格安航空券と格安ツアーのSPC(エスピーシー)トップページへ
格安航空券と格安ツアーのSPC(エスピーシー)
ご予約問合せは・・・mailspc@sogotour.co.jp  tel06-6364-9393
営業時間・・・月曜〜金曜(9:30〜19:00)/土曜(9:30〜17:00)※日曜・祝祭日休み
ツアー検索 航空券検索 海外ホテル検索 オプショナルツアー検索 ツアーホテルランクアップ
 ■旅の情報
 欧州鉄道パス情報
 レンタカー予約
 旅のリンク集
 海外旅行体験記
 ■その他情報
 航空券条件書
 ツアー条件書
 会社概要
 メルマガ登録

spctour.jp 内を検索
Google


エミレーツ航空で行くヨーロッパ
エミレーツ航空で行くヨーロッパ


外貨宅配サービス


海外データ通信レンタル
EF 海外語学留学
SPC旅行通信編集後記ブログ
ようこそ!SPCのFacebookへ
 コタキナバル・クアラルンプール研修旅行記(2011年11月)


11/8-12に当社社員が、マレーシア航空の研修旅行に参加してコタキナバル
・クアラルンプールへ行ってきました。今週から旅行記スタイルで最新のマ
レーシアの情報をお届けします。

------------------------------------------------------------------

関西空港からマレーシア航空の直行便でコタキナバルへ。約5時間30分の
フライト時間ですが、エコノミークラスでもパーソナルモニターがあって
好きな時間に映画を見たり、音楽を聴いたりして快適です。

コタキナバル空港へは定刻より約30分早く到着です。空港は最近出来たら
しく新しく機能的です。空港を出ると真正面に東南アジアの最高峰標高約
4000mのキナバル山が出迎えてくれました。(たまたま天気が良かった)

マレーシア航空機内 空港からのキナバル山 
    マレーシア航空エコノミークラス             空港からのキナバル山

今日の宿泊先は空港から車で10分のところにあるシャングリ・ラ タンジュ
ンアル リゾート
です。このホテルは空港からも市内からも車で10分の距離
にありながら閑静なトロピカル&美しいビーチリゾートホテルです。

シャングリ・ラ タンジュンアル リゾート 客室 
  シャングリ・ラ タンジュンアル リゾート            部屋

予定より早くホテルに到着して、館内視察まで時間があったので何事も体験
と早速スパを予約して、突入しました。このホテルにあるCHI「氣」スパは
ビーチ内の島のようなところにプライベートスパ用のコテージが10棟ほど
あります。受付を済ませてコテージへ。気持ちよさと旅の疲れもあって、す
ぐにウトウトしだして、あっという間に気がついたら1時間経っていました。

ホテル内プール CHI「氣」スパ内コテージ 
         ホテル内プール              CHI「氣」スパ内コテージ

その後、客室やレストラン、ジムなどを見学して、きれいな夕日が見える
サンセットバーに移動しました。太陽が沈む30分くらい前からぞくぞくバ
ーに人が集まってきて、ビールやカクテルを楽しんでいます。...が、何と
急に天気が急変してきて、空が怪しくなり、暴風雨になりました。熱帯の
暴風雨は半端じゃありません。バーに陣取っていた人は一目散にホテル内へ
退散です。やむなく私たちも夕日を見ることもなくホテル内に退散です。

今日の夕食は市内のプロムナードホテルの横にある地元でも人気のオーシャ
ンシーフードレストランへ。このレストランは、店内の巨大な水槽に魚やエ
ビやカニなどがたくさんいて客が好みのものを選んで調理方法を注文します。

美味しい中華海鮮料理をたらふく食べて、ビールの勢いも手伝って、ホテル
に戻って熟睡です。こうしてマレーシアの1日目は終わりました。

急に暴風雨へ! オーシャンシーフドレストラン 
急に暴風雨!(奥に見えるのがサンセットバー)    オーシャンシーフドレストラン

2日目はキナバル国立公園とポーリン温泉のオプショナルツアー参加です。

コタキナバルのホテルから早朝ポーリン温泉に向け出発。街中を離れどん
どん山道を登っていきます。途中ラフレシア(世界最大の花)が今咲いて
いますという看板が道に出ていたので、急遽予定を変更して寄り道です。
その花は一般民家の裏山みたいなところに咲いていて簡単な遊歩道みたい
なのを作っていて鑑賞できるようにしていました。(もちろん入山料を取
られましたが、いつも咲いているわけではないのでラッキーでした!)

キナバル山 ラフレシア(世界最大の花) 
    キナバル山                   ラフレシア(世界最大の花)

所要3時間(寄り道込み)でポーリン温泉に到着。またまたここで少し予
定を変更して売店で売っているドリアンに挑戦です。果物の王様と言われ
るドリアンですが、私は…ダメでした。まず臭いからして受け付けません
でしたが、同行した人はむしゃむしゃと美味しそうに食べていました。

果物の王様 ドリアン ポーリン温泉 
    果物の王様 ドリアン                ポーリン温泉

そしていよいよジャングルの中へ…大汗をかきながら登っていってキャノ
ピーウォークに挑戦です。このキャノピーウォークというのは、ジャング
ルの中の巨大な木と木の間に取り付けられたつり橋を渡るというアトラク
ションです。元々このつり橋はジャングルを研究する人のために設置され
たものですが、今では観光用に設置されています。ただこのつり橋、高さ
が地上から40mもあり、高所恐怖症の人には絶対無理なアトラクションです。

キャノピーウォーク キャノピーウォーク 
    キャノピーウォーク

キャノピーウォーク体験の後は温泉に浸かりました。お湯は温泉らしくぬ
るぬるしています。この温泉は戦時中に日本軍がたまたま発見したそうで
す。

ツアーが終わり、今日の宿泊先のシャングリ・ラ ラサリアリゾートに移
動しました。ちょうど夕日が落ちる時間でしたのでビーチに繰り出して
ビールを飲みながら昨日とは違ってきれいに沈みゆく夕日を眺めました。
その日のディナーはホテル内の日本料理店で鉄板焼きを楽しみました。
そしてまたまた疲れ果ててアルコールの勢いもあって熟睡です。(次週へ)

シャングリ・ラ ラサリアリゾート   沈みゆく夕日
    シャングリ・ラ ラサリアリゾート              沈みゆく夕日

3日目はホテル隣接のダリットべイゴルフコースでゴルフをした後、ホテル
視察、そしてオランウータン見学ツアーに参加。その後、空港へ移動して
マレーシア航空でクアラルンプールへ…という日程です。

ホテルフロントにゴルフ場のカートが出迎えに来てくれます。ゴルフ場に
移動して、早速プレー開始と思ったら、前方を体長1mくらいの大トカゲが
のしのしとコースを横切っています。そうなんです、このゴルフ場は池が
たくさんあって、さらに自然がいっぱいなんです。コースからはキナバル
山も見渡せますし、きれいなビーチ沿いのホールもあったりでボルネオ島
らしい自然の変化に富んだ名門コースです。

ダリットべイゴルフコース   キナバル山をバックにプレー
    ダリットべイゴルフコース              キナバル山をバックにプレー

ホテルに戻り、このホテルの最大のイベント「オランウータン見学ツアー」
に参加です。ホテルの裏にあるジャングルに入って、オランウータンが現れ
るのを参加者全員じっと待ちます。係員がいもなどのえさを持ってくると、
どこからともなくいろんなサルに混じって大柄なオランウータンが現れまし
た。身体の大きなオランウータンは周りのサルもお構いなしに、悠々自適に
えさを食べるだけ食べたら、また森に消えていきました。オランウータンは
そんな姿を人間に見られているのを知っているのか知らないのか…

シャングリ・ラ ラサリアリゾート   オランウータン見学ツアー
    シャングリ・ラ ラサリアリゾート              オランウータン見学ツアー

その後ホテルを後にして空港に向かいます。ホテルから空港へは約40分の
道のり。コタキナバルからクアラルンプールまでは約2時間30分のフライト。
先程までのボルネオ島と違って、クアラルンプールは大都会です。高速道路
を約1時間で今日泊るプリンスホテル&レジデンスクアラルンプールに到着。
時刻は既に夜10時過ぎていましたが、ホテル近くの繁華街ブキビンタンへ
夜の視察です。通りは人でいっぱいですが危険な感じもなく安心して歩けま
す。夜10時を過ぎているというのにたくさんの人がレストランやカフェに繰
り出して楽しんでいます。マレーシアの経済発展の活気を感じました。

ホテルに戻るとすでに日付が変わっていました。…部屋からはクアラルンプ
ールのシンボル「ペトロナスツインタワー」のライトアップがきらびやかに
輝いていました。(次週へ続く)

ブキビンタン   ペトロナスツインタワー
    ブキビンタン                   ペトロナスツインタワー

4日目は午前中ホテル視察の後、地元の市場に出かけました。そこで来年の
カレンダーが売られていましたが、そのカレンダーがすぐれもので西暦・イ
スラム暦・中国暦が混載表記されていて、祝日(旧正月など)はおめでたい
きれいな絵が書かれています。そしてマレーシアやシンガポールで競馬が開
催される日が競争馬の絵とともにわかるようになっています。カレンダーを
通じて多民族、多宗教国家であることが判ります。

市場近くの喫茶店でマレーシア名物のミルクティー「Tea Tarik(テー・タレ
ッ)」を注文しました。このミルクティーは作る過程が面白く、二つのカッ
プを使って上下に1mくらい離れた位置から混ぜ合わせるようにして作ってい
きます。

マレーシアのカレンダー   ミルクティー「Tea Tarik(テー・タレ
    マレーシアのカレンダー       ミルクティー「Tea Tarik(テー・タレッ)」

ペトロナスツインタワーの下にあるKLCCのショッピングセンターを見て、夕
食は郊外の華僑がたくさん住んでいる地区にある中華料理店へ。少しマニア
ックで、リスやスッポンなど俗に「ゲテモノ」と思われる料理の数々、しか
しどうやら人気店のようで出される料理はどれも絶品!特にカレー味のカニ
料理は美味しかったです。

KLCC   地元で人気の中華料理店
    KLCC                地元で人気の中華料理店

そして深夜発の夜行便でクアラルンプールを後に帰国の途へ。

今回の研修旅行では、熱帯雨林のボルネオの大自然と、相反して発展し続け
る大都会・アジアの喧騒クアラルンプールを体験し、日常では味わえない大
きな刺激を受けました。みなさんもみどころ一杯で手軽に楽しめるマレーシ
アを訪れてみてはいかがですか。(終わり)

 

   
 ↑↑ TOPへ ↑↑
 
会社概要航空券条件書ツアー条件書メルマガ登録ご予約・お問合せSPCのトップページへ
Copyright(c)1999 Sogo Tour Co.,Ltd. All Rights Reserved
このページをYahoo!ブックマークに登録 このページをGoogle Bookmarks に登録 このページをはてなブックマークに登録 このページをlivedoorクリップに登録
SPCのホームページ(http://www.spctour.jp/)は、リンクフリ−です。
海外旅行傷害保険はエース保険へ
ハーツレンタカーオンライン予約
世界のお土産「三洋堂」
海外用レンタル携帯電話