SPCにできること「緊急時の対応・・台風接近」(2007年9月)

ちょうど出発の日に台風が接近しているお客様への対応を2007/9/20号の 当社メルマガにてご紹介させていただいた文面を転載しました。

SPC エミレーツ航空で行くヨーロッパツアー検索


9/6の昼頃、当日の深夜の名古屋発のエミレーツ便でヨーロッパツアーに 参加されるお客様から電話が入りました。

電話の内容は、「今晩、出発なんですが、台風 大丈夫でしょうか?」です。 お客様の住所は、東京で羽田-関空-ドバイのエミレーツ便が満席で取れないため 新幹線で名古屋まで行っていただき名古屋-ドバイ便で参加していただくことに なったお客様でした。折りしも台風9号が伊豆半島に向けて北上中です。 中部空港は、進路から逸れているため大丈夫ですが、新幹線が心配だったので、 お客様には、早めに新幹線に乗って、移動してくださいと伝えました。

同じお客様から夕方5時頃に再度、電話が... 「静岡付近の強風と大雨で新幹線が止まっています。どうしましょう?」 ガーン!まだ、伊豆半島のはるか南なのに、もう、新幹線、止まっているの? どんどん台風は、近づいてくるので、再開の見込みはありません。 何とか、予定通りヨーロッパツアーへ行っていただこうと、社内で思案しました。 HPで調べたら羽田発関空行きの飛行機は、まだ、運航しているようです。 今なら同じ深夜発の関空発ドバイ行きの便に若干、空席があり、間に合います。

羽田発関空行きの便も新幹線が運休のため、どんどん混んできています。 すぐに羽田発関空行きの間に合いそうな便に予約を入れ、お客様の携帯へ 連絡して、すぐに羽田空港へ移動してもらいました。 羽田空港のHPを見ると、どんどん羽田発の便が運休になっていきます。 予約していた20:15発の関空行きANA便が運休になり、最後の望みは、 20:45発のJAL便です。出発時間を過ぎても、JALのHPで何の表示も されず、もう、ダメかとあきらめていましたが、なんと20分遅れで、 「出発済」の表示になりました。社員一同、JALに拍手です。

それからエミレーツ航空に事情を説明して、関空発便に搭乗させて もらえるようにお願いして長い一日を終えました。

お客様からは、帰国後に、SPCさんには、いろいろ努力をしていただき 予定通り出発できましたと、お礼をいただきました。

これからも、こまやかなケアができて、お客様から感謝されるような お客様第一の旅行会社へと成長していくようにSPCは、努力します。

その時の台風は、平成19年台風第9号

↑↑ TOPへ ↑↑ 海外旅行体験記TOPへ>>